文字サイズ:

HOME > 事業案内 > ドラム缶事業 > 技術情報

技術情報

ISO 9001認証取得

ISO 9001

当社のドラム缶製造部門は、品質マネジメントシステムISO9001(JIS Q 9001)を認証取得しております。

審査登録機関:日本検査キューエイ株式会社
登録日   :2000年3月23日
登録番号  :0607
登録範囲  :鋼製ドラム(液体用、オープン、複合容器)の製造

ドラムの性能について

危険物をドラムに収納して輸送や貯蔵をする場合は、性能基準に適合したものを使用するように定められています。
特に船舶で輸送する場合は、指定の検査機関の検査に合格し、「UNマーク」を表示したドラムを使用する必要があります。
 弊社のドラム(200L及び小型ドラム)におきましては、主要型式についてUNマーク表示認定を受けており、危険物容器として幅広い対応が出来ます。 以下は、200LドラムのUNマーク表示例です。

タイトヘッドドラムのUN表示(例)

タイトヘッドドラムのUN表示(例)

オープンヘッドドラムのUN表示(例)

オープンヘッドドラムのUN表示(例)

危険物容器検査の様子

落下試験(対角落下)

落下試験(水平落下)

水圧(耐圧)試験

中小型ドラムトピックス

外観品質向上

近年、外観に対する品質向上をユーザーから求められています。
中小型ドラムの塗装設備を更新したことで、ゴミや異物の落下を防ぎ、塗装外観品質が向上しました。

気密性能向上

小径タイトヘッドドラム(10L~22L)において、 胴体と天板・地板をかしめ加工する方式を変更したことで、耐圧性が約1.2倍に、また落下強度は1.5倍以上の性能向上となりました。

液体危険物の輸送や保管容器として用いられるドラムにとって「漏れ」は致命的な欠陥です。小径タイトヘッドドラム(10L~22L)を対象として、小型ドラム用国内初となるヘリウムリークテスターを導入いたしております。ヘリウムリークテスターは、ドラム全体を検査対象としており、従来の石鹸水によるリークテスターでは、検査できなかった天板・地板も検査可能です。
また、検出能力も高く、気密性の品質保証に万全を期しております。

小型缶輸送品質向上

小径タイトヘッドドラムの大量輸送を行う際、自社開発致しました梱包材(ダネッジ)を採用する事により、輸送中の凹み・キズ等を大幅に削減でき、外観品質が向上しました。

・積込風景
・梱包材(ダネッジ)